1%の努力要約【ひろゆき氏著書】

サラリーマン副業ブロガーのユタカです。

今回はひろゆきさん著書の「1%の努力」についてまとめました。

働きアリではなく、「働かないアリ」であれ。働かないアリのようにお金や時間にとらわれずチャンスに飛び込めるような状態を作っていく。ひろゆき氏は最小の努力で最大の幸せを増やすことをしています。

1%の努力で、2ちゃんねる、またはニコニコ動画を生み出し、努力をしない努力を極めてきました。そして、フランスのパリで余生みたいな生活を送っています。

何度なくレールを外れてきたひろゆき氏の生き方・考え方が凝縮されており、本書は努力の大切さではなく、レールを外れる人生の練習、つまり「頭のいい生き方」を学ぶことができます。

1%の努力とは

あなたにとっての「1%の努力」とは、どんなことを指しますか。その努力とは、何を得るための努力でしょうか。

人生の目的を考え、努力して叶えるものでなければ別に挑戦せずにいいかもしれません。努力で語れることが多い世の中で、努力って大事だけど、必要のない事かもしれない、それはあなた自身にしか決められないことです。

・例えば、東大生の親の6割の年収は950万円以上
・東大生の親の年収が450万円未満の東大生は1割

環境の問題、遺伝の問題など努力をすることで結果が変化するのも事実だが、スタート地点から差があるときに努力して埋めるのは相当難しい事実もあります。それらを分けた上で「それでも変えられる部分」を考えて、努力する必要があります。

ポジションの重要性

1%の努力で大切なのはポジショニングの話です。第3者的なところを探れないか自分の仕事に当てはめることが重要です。

ポジションをとるための要素としてコミュニケーションコストがあります。
言ってはいけないことを言うスキル、本音で言うか言わないかで本音を言うことでポジションがとれます。

なぜなら他の人は本音を言わないからです。世の中はみんな同じことしか言わない。そんな中でちょっと違う視点からモノが言えれば、一気に抜きんでることができます。

また、予備校にいくと純粋に勉強が好きなタイプ、芸人やスポーツ選手、作家などセンスが必要な仕事など、センスには努力が勝てない場合があります。人生において、自分には向いていない分野に見切りをつけるのも大事で、自己分析をし、自分の本当のタイプを見定めることも必要です。

人と違うところは何か

例えば、世の中にはこのような人がいます。

日本唯一のエレベーターブログを運営しているライター
世界中でも少ない「曲がるエスカレーター」を探し、現地に行って写真を撮影している。

その他にも、「台湾の街の入り組んだベランダ風景が好きな人」「地方のロードサイドにあるアダルト自動販売機をコンプリートしている人」が存在する。それを面白がるのに、努力なんてものは存在しません。

他人と比較しても意味がない、誰かが褒めてくれるかどうかも関係ない。上記の方々は、まさに1%の努力でユニークさを演出しています。

あるいは、一般的に欠点だと思われていることをあえてさらけ出すと成功率が高まります。コンプレックスは自分にしかない切り札に化ける場合があり、まさに1%の努力の実践者であります。

大勢の中で1人しかない役割を見つける

しかし、上記の人のように他者と違うところがない場合、どうすれば良いのか。
大勢の中で一人しかない役割に出くわした場合、積極的に手をあげることです。

例えば、学校であれば委員長を決める、職場であれば飲み会の幹事をやることで、特殊なポジションとしてメリットが発生する可能性が高い。

人の意見ばかりを聞いて、誰でもできることに手を挙げてはいけません。そこでアピールする人は99%の努力で解決するタイプの人、そのタイプは20代の若手なら戦略として正しいが、長期的視点で考えると限界があります。

ゼロからの実績づくり

成長曲線を描いてくためには、まず最初の実績づくりが重要です。

「いま、実績を持っていますか?」

ひろゆき氏も、「僕だって最初は提案して、断られて、提案して断られて、ということを何度も繰り返した。その部分に嘘はつかない。ただ、好奇心が先にあってすべての経営者のパターンを網羅するつもりで望んだ。」と記しています。

人をパターン化しながら、こう聞けば、こう返ってくるというモデルを頭の中で作りあげていく。「この人は何を求めているんだろう?」、それを一致させることに集中して実績を作っていきました。

最後にトクをする人

成功した人はすべからく努力をしている、みたいな神話があるけれど努力していると思われるかどうかの問題で、競争のいらないところに張ることも重要です。

まとめ

エジソンの有名な言葉で「99%の努力と1%のひらめき」という言葉がある。努力すれば道が開けるという表現で広まっているが、本当は99%の努力はムダになるということを言った現実的な言葉である。

努力をする前に人生の結論を考えて、どのような人生を過ごすことができれば幸せなのか、努力で変えられるのか予め見極め、他人が通らない抜け道を進んで最小の努力で成果を残す重要性を理解することができました。そして、そのような「頭のいい生き方」が手に入る一冊です。

ABOUT ME
ユタカ
仮想通貨や株式に投資する複業ブロガー。本業以外に収益の柱を作るべく奮闘中。本ブログではお金にまつわる情報を発信していきます。
【期間限定】新規入会で12,000円還元キャンペーン

三井住友カードがカードデザインの変更にともない、12,000円還元のおトクなキャンペーンを実施中です。

さらに、年会費が通常1250円(税別)のところ、イマなら永久無料で持てるキャンペーンも同時開催中。興味がある方はこの機会を見逃さないようにしましょう!

三井住友カードに無料申込