BlockFi

BlockFiのリスク責任者・Rene氏の紹介と安全に提供する方法

サラリーマン副業ブロガーのユタカです。

BlockFiの創設者のZac氏、およびRene氏がリスクマネージメントについて、公開放送した概要を和訳したものになります。

CEOであり創設者のZac氏は、BlockFiの最高リスク責任者であるRene van Kesteren氏とBlockFiが世界クラスのサービスを可能な限り安全に提供する方法について話しました。

BlockFiに入社する前、バンクオブアメリカのManaging Directorを13年間務め、ニューヨークとロンドンの間で15人のチームを管理していました。

Rene氏の焦点はエクイティファイナンスにありました。リスクの観点から物資を調達するのが難しく、資金をどのように調達するかを考え出しました。

Rene氏はオランダ人で、約20年間アメリカに住んでいます。バンクオブアメリカで働く前、プロップトレーダーとして働いていました。

Rene氏は、コンピューターサイエンス・応用数学の教育、そしてMBAを取得しています。
バンクオブアメリカでの13年間に彼は損失を被りませんでした。 (これには、2008-2009年の金融危機も含まれます。)

仮想通貨と株式の違いは、24時間365日取引されることです。Rene氏は、アドバイザーとして最初にBlockFiに入社し、当社製品のマージン方法論に関する洞察を提供しました。

Rene氏は2018年5月に最高リスク責任者としてフルタイムでジョインしました。BlockFiの機関の顧客は主にマーケットメーカーとプロップトレーダーです。これらの機関投資家が誰であるかを知るには、我々の出資者をご覧ください。

これらのクライアントは、借りているビットコインを使用して、取引戦略を実行し、ポジションをヘッジします。

仮想通貨をBlockFiに送ると、カストディアンに送られます。 BlockFiは秘密鍵を直接保有することはなく、Geminiのような規制のある、評判の良いカストディアンと協力しています。

私たちのチームは、Rene氏に非常によく似た人々で構成されており、彼らは専門家であり長年の経験を持っています。

BlockFiは、ローンを配布する際の安全な仕組みとして自動マージンコールシステムを作成し使用します。このシステムは、クライアントのloan-to-value ratio (LTV)に基づいて動作します。

リスクを最小限に抑えるために、1つの機関のみに融資せず複数の取引先に融資しています。

BlockFiは、相当量の担保を保持することで、クライアントが簡単に資金を引き出すことができます。

必要に応じて、私たちが貸し出す担保を呼び戻すことができます。BlockFiは、ビジネス(個人および機関)のどちらの側のマージンコールにも問題はありません。

Rene氏は個人的に仮想通貨の愛好家です。

「プロトコルがあるので、インターネットに最適です。ですから、それはお金や他のことでもうまくいくと信じています。私はとても強気です。」

▶︎英文はこちらから

ABOUT ME
ユタカ
仮想通貨や株式に投資する複業ブロガー。本業以外に収益の柱を作るべく奮闘中。本ブログではお金にまつわる情報を発信していきます。
国内最大11種類の仮想通貨を購入できるCoincheck


国内大手のCoincheck(コインチェック)はビットコインに加え、イーサリアムをはじめとした11種類のアルトコインを簡単に購入することができます。

株主がマネックスグループであること、セキュリティを改善したことにより安心して投資家が購入できる環境を提供しているおすすめの取引所です。

Coincheckで無料口座開設をおこなう