仮想通貨

Xtheta(シータ)のメリット・デメリットから口座開設方法まとめ

サラリーマン副業ブロガーのユタカです。

この記事では、日本初の仮想通貨取次業であるXtheta(シータ)について解説します。

Xtheta(シータ)とは、金融庁が平成29年12月5日に認可し仮想通貨の購入や売却を取り次ぐサービスを提供している企業です。

Xtheta(シータ)に登録すると、複数の仮想通貨取引所を比較し、ユーザーにとってレートの良い仮想通貨取引所をその都度選定してくれます。

Xtheta(シータ)が仲介することにより、自分自身で情報を収集して仮想通貨取引所を比較する必要がなくなるので、初心者でも安心して仮想通貨の取引をすることができます。

また、日々世界中から情報を収集しているので、Xtheta(シータ)を通じて最新のマーケット情報を知ることができます。

Xthetaの無料登録をする

Xtheta(シータ)のメリット

わからない人も安心して使える

Xtheta(シータ)のメリットは、誰でも安心して仮想通貨を購入することができます。

仮想通貨取引については仕組みがよくわからないために、投資をためらってしまう人が多いでしょう。
Xtheta(シータ)なら、専門のスタッフが条件の良い仮想通貨取引所を選んで、個々のユーザーの投資プランを提案してくれます。

仮想通貨についてあまり詳しくない、勉強する時間はないけど投資をしてみたい初心者の人に、とりわけ魅力的な仮想通貨取次所であると言えます。

取引所の登録なしで仮想通貨を購入

Xtheta(シータ)に登録することで、仮想通貨取引所への登録手続きなしに、仮想通貨の取引をすることができます。

国内で取扱っているすべての仮想通貨を取引することができること、より条件の良い取引所で仮想通貨を取引することができるというメリットがあります。

すべての取引所にアカウントを設定する必要がなく、またそれぞれの取引所に入出金手数料を支払う必要がありません。

仮想通貨取引においては、取引所ごとに板が異なるために取引される金額に差が出ることがよくあります。

たとえばA取引所では20,000円で売買され、B取引所では19,000円で売買が行われる場合、A取引所で買った時点ですでに実質1,000円の損をしていることになります。

※仮想通貨取引においては、この差を利用して利益を出す方法(アービトラージ)もあります。

Xtheta(シータ)を使えば、より条件の良い取引所で売却してくれますので、利益を出すことも比較的容易になります。

またXtheta(シータ)においては、個々のユーザーの投資プランの相談に乗ってくれますので、利便性だけではなく、利益を出しやすい仕組みが整備されています。

セキュリティ対策強化

セキュリティ対策にも力を入れており、2段階認証・コールドウォレットでの資産管理・システムコントロールの分離管理が行われています。

また、Xtheta(シータ)では、国際基準であるSSL証明書・WebTrust認定も取得しています。

Xtheta(シータ)のデメリット

上述のようなメリットがある反面、Xtheta(シータ)にもデメリットがあります。

手数料が高い

仮想通貨取引所に直接取引を行う場合に比べ、手数料が多くかかることです。

Xtheta(シータ)の取引手数料は一律5パーセントとやや割高です。

これはXtheta(シータ)のポジションが、取引の場を提供する他の仮想通貨取引所とは異なり、代理店や仲介業者に該当しコンシェルジュとしてあらゆる角度からサポートを受けることができるからです。

その代償として手間暇が上乗せされているのだと考えると仲介してもらうわけではないため、仕方がないデメリットでもあると言えます。

購入できる仮想通貨が国内限定であること

また、国内の取引所のみ対応になるので、取引することができる仮想通貨が限られていることもデメリットの1つです。

したがってXtheta(シータ)が取扱う仮想通貨以外の通貨に興味を持った場合、自分自身で調べて口座を開設して買わなければいけません。

つまりXtheta(シータ)で仮想通貨に投資を実行する場合、Xtheta(シータ)で取扱っている通貨のみで運用することを前提として考える必要があります。

ただし、取り扱いの通貨については手厚いサポートを受けることができます。

Xtheta(シータ)の口座開設方法

アドレスとパスワードの設定

まずXtheta(シータ)へアクセスし、Xtheta(シータ)のトップページ右上にメニューがあるのでクリックします。

メールアドレスとパスワード設定ページへ移動するので入力して「sign up」をクリックします。

規約など確認事項があるので確認しチェックを入れて、「同意します」をクリックします。

個人情報の入力

アカウント設定に移動するボタンをクリックします。

まずは個人を選択し、名前や住所などを入力し本人確認書類を提出します。

本人確認書類の提出は、身分証明書=運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・身体障害者手帳・在留カードのいずれか一点、顔と身分証明書が鮮明に写っているものが必要になります。

最後に取引を行う目的にチェックを入れて(登録)をクリックします。

「本人確認のためにハガキを送付してもよろしいだすか」と出るので「はい」をクリックします。

あとはハガキの到着を待つだけです。

まとめ

Xtheta(シータ)は、仮想通貨の取引環境を整備する新しいサービスです。

今後は他の仮想通貨取引所に比べてサポートが手厚くなり、手軽に取引ができます。

また、世界中からの情報収集に基づいて取引を代行したり、アドバイスを行うという点で、手数料が高いというデメリットを払拭してくれるサービスでしょう。

Xthetaに無料登録をする

ABOUT ME
ユタカ
仮想通貨や株式に投資する複業ブロガー。本業以外に収益の柱を作るべく奮闘中。本ブログではお金にまつわる情報を発信していきます。
1円から誰でもできる資産運用「Funds」

「コツコツと安定的に資産運用したい」「忙しいので相場に振り回されたくない」といった悩みを解決してくれる新しい資産運用、Fundsがサービスを開始しました。

銀行預金や社債と比べて高い1.5%〜6%(年利)のリターンを得ることができ、投資先も上場企業の組成ファンドなので安心して投資することができます。

Funds公式ページを見る
Fundsの解説記事を見る