LINE

【LINE Pay】LINEクレジットカードにおける3つの衝撃

サラリーマン副業ブロガーのユタカです。

LINEがVisaと提携しクレジットカードを発行するというニュースが流れてきました。

2019年中に導入するということで水面下で着々と進めていたという訳ですが、「とうとう来たか」という印象です。

LINE Payカードはプリペイド式のカードなので、利用するにあたりチャージが必要でしたが、クレジットカードをLINE Payに連携すれば事前にチャージする必要もなく煩わしさはありません。

LINEが我々のコミュニケーションを変えたように、キャッシュレスを推し進める起爆剤となるのではと妄想しています。

LINEがクレジットカードを発行するにあたり、何に衝撃を受けたのか3つの衝撃をまとめます。

LINEポイントを初年度3%で還元

1つ目の衝撃は、LINEポイントを3%で還元する施策です。3%還元は、今までに聞いたことがなく、ぶっちぎりの高還元率カードになります。

楽天カードでも還元率1%のところ、初年度限定とはいえ3%のLINEポイント還元は他社と比較にならないレベルでおトクです。

それだけ、LINEのフィンテックに対する本気度が伝わってくるパーセンテージだと読み取れます。

また、このLINEポイントが他社のポイントと比較すると優秀なポイントです。

  • LINEギフトと交換できる
  • アイテムと交換できる
  • LINEモバイルの携帯料金に充当できる
  • LINEポイントを銀行口座に出金し現金化ができる

ギフト交換というのはよくあるサービスですが、LINEポイントをLINE Pay経由で銀行口座に出金し現金化できるのはLINEならではです。(クレジットカード支払いで貯めたポイントが現金化できるかは不明です)

また、現在は交換不可ですが、LINEスマート投資へのポイント投資も可能になるなど、LINEポイントの使い道は多様化していくことが考えられます。

気になる年会費はまだ公表されていませんが、ポイントで年会費が充当できれば余裕で年会費分のポイントを回収できそうです。

LINEアカウントからリアルタイムで決済通知

3%ポイント還元に加えて、リアルタイムで支払いを知らせてくれる決済通知も今までにはないLINEならではの革命的なサービスです。

お支払いと同時に「LINEウォレット」のLINEアカウントから決済通知を受け取ることができます。従来のクレジットカードにおける”お金を支払ったと感じにくい”心配もなく、かつ、決済履歴にも反映され、家計簿での管理も簡単です。

上記はLINEの公式発表より引用していますが、お金を支払ったと感じにくい心配もなくという点がクレジットカード利用者にとっては「待ってました」のサービスだと感じます。

クレジットカードの支払いは各々のカード会社のアプリで確認していました。しかし、直後で反映されずにタイムラグがある、アプリへのログインが面倒である、などの問題点があります。

しかし、LINEはどうでしょうか。

誰もがアプリをダウンロードし日常的にチェックする、LINE Payの支払方法と同様にリアルタイムでいつどこでいくら支払ったかLINEアプリで通知されます。

リアルタイムで支払通知

LINEのトーク上で支払いを確認する快適さは、LINEアプリ、LINEだからこそできるサービスです。

スコアリングへの布石

3つ目はLINEのフィンテックへの熱量です。LINEは2018年5月にLINE Creditを設立しています。

LINE Creditでは独自のスコアリングプラットフォームの構築やローンサービスを展開予定としています。

すなわち、クレジットカードの顧客データからスコアリングの審査における1つの評価基準として用いられると考えます。

コミュニケーションツールとしてのLINEと、クレジットカードの顧客データを掛け合わせ、スコアリングの精度が高まります。

LINEのこれまでの動向とLINEクレジットカードの登場により、あらゆる金融サービスがスマホ主流で合理的になると衝撃が走りました。

ABOUT ME
ユタカ
仮想通貨や株式に投資する複業ブロガー。本業以外に収益の柱を作るべく奮闘中。本ブログではお金にまつわる情報を発信していきます。
国内最大10種類の仮想通貨を購入できるCoincheck


国内大手のCoincheck(コインチェック)はビットコインに加え、イーサリアムをはじめとした10種類のアルトコインを簡単に購入することができます。

株主がマネックスグループであること、セキュリティを改善したことにより安心して投資家が購入できる環境を提供している取引所です。

Coincheckで無料口座開設をおこなう