お金

Funds(ファンズ)メリット・デメリットから始め方まで徹底解説

サラリーマン副業ブロガーのユタカです。

インターネットを通じてリターンを得たい個人と資金調達を目的とする企業を繋げるオンラインマーケット、「Funds」がリリースされました。

「コツコツと安定的に資産形成したい!」「忙しいので相場に振り回されたくない!」といった投資家に適した資産運用になりますね。

2019年1月8日(火)より個人投資家の口座開設を募集し、2019年1月23日(木)から投資申込の受付を開始しました。

Fundsのおすすめポイント
  1. 1円単位より少額投資が可能
  2. 投資の手数料無料
  3. 上場企業もファンドを組成しているので安心

投資する貸付ファンドには東証一部上場企業のファンドもあるので安心して投資することができます。

また、Fundsで資金調達を試みた全企業は5分以内に応募金額が集まるという過熱ぶりで、平均すると利回り4〜5%の案件が多く大人気となっています。

\1円単位から手軽に資産運用ができる/

Funds

Funds(ファンズ)とは

Fundsとは資産形成したい個人と資金を借りたい企業を結ぶ”貸付ファンド”のオンラインマーケットです。

funds自体が資金調達をするわけではなく、個人投資家と企業を繋げるプラットフォーム側として運営します。

リターンを得たい投資家は、fundsの審査基準を満たした上場企業などのファンドに対して投資をおこなうことでリターンが得られる仕組みですね。

Funds(ファンズ)のメリット

リターンの高い投資ができる

fundsは投資案件によっても異なりますが、銀行預金や社債と比べて高い1.5%〜6%(年率)のリターンを得ることができます。

実際に、2019年2月時点で3社が満額の資金調達をしており平均利回りは4.3%と高めの利回りとなっております。

ファンド名 運用期間
予定利回り
アイフルビジネスローンファンド 約12ヵ月
1.8%
大田区XEBECファンド 約12ヵ月
5.0%
LENDYオンラインレンディングファンド 約4ヵ月
6.0%
台東区XEBECファンド 約12ヵ月
4.5%

もちろんリターンが高いというメリットのみでは、ソーシャルレンディングのような返金がないなど悪質なケースもありますが、他に様々なメリットがあります。

投資先はfundsの審査をクリアした上場企業など

ファンド組成企業については、東証一部上場企業のアイフル社東証二部上場企業のデュアルタップ社などが予定されています。

fundsの選定基準をクリアした企業のみが資金を調達することができます。

企業の選定基準はどうなの?

Fundsの選定基準は上場企業、監査法人と監査契約を締結している企業、ベンチャーキャピタルからの出資を受けているベンチャーなど。

財務状況、資金調達力など総合的な観点から審査を行っているので、リスク0とは言い切れませんがリスク軽減に繋がっています。

上場企業のファンドに投資できるのは安心だね!

>Fundsの無料登録をしてみる

1円単位で少額投資可能

ソーシャルレンディングだと最低投資額10,000円からなどが一般的でしたが、Fundsの特徴として、1円単位の少額から投資をすることができるますよ。(案件によって異なります)

投資家の手数料はゼロ

また、投資家の払う手数料はゼロなので、余計な計算は必要ありませんね。

会員登録費用 無料(0円)
口座開設費用 無料(0円)
口座管理費用 無料(0円)
指定口座出金費用 無料(0円)

Funds(ファンズ)のデメリット

中途解約ができない

ファンドに投資したお金は運用中に引き出すことができません。

投資前にファンドの運用期間をチェックし、余裕のある運用を心がけましょう。

元本保証の金融商品ではない

Fundsは元本が保証されているわけではないので、個人投資家が損失を被る可能性もあります。

1.借り手がお金を返せない場合

ファンド組成企業からお金を借りた借り手がお金を返せなくなった場合、個人の投資家が損失を被る可能性がでてきます。

ただし、そのような場合に上場しているファンド組成企業に担保や保証あれば元本は欠損しません。

また仮に上場企業がお金を返せない場合、「この企業は信用ならん!」と株価に影響を及ぼすことになるので、株式市場が抑止力として働いてくれます。

2.ファンド組成企業が返せない場合

ファンド組成企業がお金を返せない場合は元本は割れてしまいますが、上記と同じように株価に影響を及ぼすことになりますし、Funds側もこのようなケースを防ぐために審査を行うので、レアケースでしょう。

Fundsでは分散投資1円からの少額投資が可能なのでデメリットを最小限に留めるためリスクコントロールをしましょう。

みんなの評判

  • 大手企業ファンドなのでリスクも少なくて安心
  • 1円の少額投資ができるので投資ハードルが低い
  • 手数料がかからないので嬉しい

Funds上での資金調達は1分かからずで調達金額が満額成立している案件もありTwitterなどのSNS評判はポジティブな意見が多く期待できそうです。

Fundsの申込手順

1.公式ページをクリック

>>Funds 公式ページ

2.無料で口座開設をクリック

Eメールとパスワードを入力し、送信します。

3.メールアドレスを確認する

送信したメールアドレスに上記のメールが届いていますので確認しましょう。有効期限は24時間なのでご注意ください。

4.口座開設をおこなう

重要書類の同意


会員登録を済ませ、口座開設をおこないます。個人投資家の方は基本的に個人名義で口座開設です。
重要書類を確認した後、個人情報を入力しましょう。
 個人情報の入力が済んだら、最後に本人確認が必要なので、写真を送信して…

お疲れ様でした。口座開設の申し込みはこれにて完了です。Funds側で情報に不備がないか審査を行い、審査が通れば登録完了になります。

Funds
ABOUT ME
ユタカ
仮想通貨や株式に投資する複業ブロガー。本業以外に収益の柱を作るべく奮闘中。本ブログではお金にまつわる情報を発信していきます。
1円から誰でもできる資産運用「Funds」

「コツコツと安定的に資産運用したい」「忙しいので相場に振り回されたくない」といった悩みを解決してくれる新しい資産運用、Fundsがサービスを開始しました。

銀行預金や社債と比べて高い1.5%〜6%(年利)のリターンを得ることができ、投資先も上場企業の組成ファンドなので安心して投資することができます。

Funds公式ページを見る
Fundsの解説記事を見る