【メモの魔力】前田裕二さんのメモ術を実践するためにやるべき3つのこと

サラリーマン副業ブロガーのユタカです。

前田裕二さんのメモの魔力を読み終え、メモの効力を十二分に知ったところでメモ欲が沸々と湧き上がってくるのを感じながら記事を書いています。

せっかく出会った本なので、メモの魔力を読み終えただけで満足せず、出発点としてスタートを切りたい。

ということで、メモの魔力読了後にすべきことをまとめました。前田式メモ術を実践したい方はどうぞ。

前田式メモ術ツール
  1. 4色ボールペン
  2. モレスキンのノート
  3. フランクリンプランナーの手帳

メモの魔力で紹介されたメモの効力

本書でも紹介されていたメモの効力について、少し触れておきます。

メモは記録ではなく知的生産のためのメモである。

人生を振り返ると、メモする機会は何万回とありました。

しかし、自身のメモを振り返って新たな価値を生み出すつもりでメモをとってきた自信はありますか。

私も少し振り返ってみたのですが、記録のメモばかりで全くと言っていいほどメモを理解できておりませんでした。

小学校から大学までの学生期間中、先生が黒板に書いた文字を写すだけ。

テスト前にメモしたノートを振り返るといったルーチン作業…はい、完全に記録のメモでした。

前田裕二さんが提唱するメモは記録のメモではなく、魔法のメモです。

メモでアイデアが生まれる、夢を現実にする、己を知る、といった人生を変える魔法のようなもの。

  • 知的生産性の向上
  • 情報獲得伝導率向上
  • 傾聴能力の向上
  • 構造化能力の向上
  • 言語化能力の向上

この本と出会い、メモの概念が180度変わりましたよね。

メモのとり方や思考を変化するだけで、これだけの効果が期待されるメモ術を試さない訳がありません。

効果を知ったところで、本を読み終えて実践までの手順について書きます。

1.道具を用意する

メモの効力を知ったところで、はじめにメモをとる道具が必要です。

そのために、メモ帳とボールペンを用意するところから全てが始まります。

前田裕二さんは4色ボールペンと、モレスキンのハードカバーノートでメモをとり続けているようです。

4色ボールペンを使う理由は、色によって使い分けをするため。

モレスキンのノートは社会人の時に、「自分の心が上がる文具を買え」とおすすめされたから。

メモ魔になるために、メモを習慣として定着させるために良い物を買う。前田式でメモをとりたければ、4色ボールペン・モレスキンノートです。

>>Amazonで4色ボールペンを購入する

>>モレスキンのハードカバーノートを購入する

4色ボールペンの使用理由

黒・緑・青・赤の4色ボールペンを使用。色で使い分けをすることで4色それぞれに意味をもたせます。

色分けの軸として、【主観・客観】と【重要度】の2軸がありました。

・緑色 主観的な発想

・緑以外 客観的な発想

緑色 自分の意見・主観を書き込む
黒色 普段使い、事実を記載
青色 やや重要・引用・参照
赤色 最重要

2.自己分析 1,000問ノック

さて、メモをとる準備ができたところで自分自身に問いを投げかけます。

自分とは何か」「何がやりたいのか」「本当に望んでいるものとは

メモすることを目的とせず、人生の目的を達成する手段とすること。

そのためには、己を知ることが非常に大切であり、メモの魔力を身に纏い「自分」を深くみつめなおします。

自己分析は全部で1,000問用意されていますが、千里の道も一歩から。

まずは用意されたレベル1の質問100問に抽象化して答えていきましょう。

3.前田式でひたすらメモ→習慣化

自己分析と同時進行で、あとはひたすらメモをとりながら定着させます。(とにもかくにも、量が必要)

ノートの使い方

ノートは見開き、フォーマットを作成し事実(ファクト)・抽象化・転用でページを活用。

通常のメモだと事実だけを書き連ねるが、前田式は右側が重要

事実→抽象化→転用といったフレームワークで、メモから新たな発見・気づきを生み出す。

記号のつけ方

前田式メモ術の記号。

内容 記号 ショートカット
抽象・気づき・学び・主旨
具体・心が動いたこと・感動 まる
仕事タスク
プライベートタスク ほし
箇条書き(大項目)
箇条書き(中項目)
箇条書き(小項目)
要素分解

まとめ

最後に、メモの魔力読了後のステップをまとめました。

  1. 道具を用意する
  2. 己を知る自己分析
  3. 前田式メモ術でひたすらメモをとる→習慣化

就活以来、自己分析から遠ざかり自分を深く知らずに生きてきました。というより、日々の忙しさから逃げていたのかもしれません。

ノートとボールペンを用意し自己分析、同時進行でメモをとるメモライフの幕開けです。

紹介されていたメモツールです。

ABOUT ME
ユタカ
仮想通貨や株式に投資する複業ブロガー。本業以外に収益の柱を作るべく奮闘中。本ブログではお金にまつわる情報を発信していきます。
1円から誰でもできる資産運用「Funds」

「コツコツと安定的に資産運用したい」「忙しいので相場に振り回されたくない」といった悩みを解決してくれる新しい資産運用、Fundsがサービスを開始しました。

銀行預金や社債と比べて高い1.5%〜6%(年利)のリターンを得ることができ、投資先も上場企業の組成ファンドなので安心して投資することができます。

Funds公式ページを見る
Fundsの解説記事を見る