FCOIN

早期プロジェクトの上場支援をおこなうFCoinのGPMとは

どうも。ユタカです。

FCoinがGPM(成長プロジェクト市場)を発表しました。

初期のブロックチェーンプロジェクトの開発を支援するために、FCoinは2018年7月2日新しいサブブランドのGPM(成長プロジェクト市場)を正式に立ち上げる予定です。

FCoin GPMの取引手数料は、買い手無料、売り手0.2%の手数料を採用します。取引マイニングのルールは、メインゾーンとイノベーションゾーンと同じです。

GPMの概要

1、ERC20トークンのみをサポートします。

私たちはすでにいくつかのトークンのデポジットを開始しました。

詳細については、FCoin GPM(成長プロジェクト市場)でサポートされているデジタル資産入金一覧を参照してください。

こちらはTainokoさんがまとめてくれています。

プロジェクトがリストにない場合は、[https://goo.gl/forms/8dEeb7flB3xo0avJ2]に申請することができます。

2、FCoin GPMの上場ルールは、「保有者ランキング」の仕組みを採用しています。

2018年7月1日0:00までの間に、FCoinに入金されたアカウント数の上位20銘柄が2018年7月2日に上場となります。

2018年7月1日以降、トップ5を毎日カウントし翌日にこれらのトークンを上場します。この上場期間は、後日発表します。

3、FCoin GPMに上場しているトークンはプロジェクトの進捗、取引量、取引数などを総合してイノベーションゾーンに移行することができます。

イノベーション・ゾーンの上場条件は、プロジェクトが50万FTを保有していること、さらにFCoinの上場委員会の審査に合格する必要があります。

FCoin上場委員会の審査を確実にするため、発表時期は当初計画よりも1〜2週間長くなり7月中旬に正式に発表される予定です。

4、早期プロジェクトはハイリスクなため、投資家の利益を保護するために、我々はみなさまの監査と報告を受け入れます。

ピラミッドスキーム、詐欺、マネーロンダリング、テロ資金などの疑いのあるプロジェクトは確認されると直ちに中断されます。

報告先のメールアドレスはreport@fcoin.comです。

さらに、投資家の利益を守るため、リスクアセスメントに基づいて、特定の種類および数量のFInsurを購入することをプロジェクトチームに要求することもあります。

※和訳に差異が生じている場合もございますので予めご了承ください。

ABOUT ME
ユタカ
仮想通貨や株式に投資する複業ブロガー。本業以外に収益の柱を作るべく奮闘中。本ブログではお金にまつわる情報を発信していきます。