おすすめ

安くて、多くて、新しい。Kindle Unlimitedがお得すぎる理由

みなさん、Kindle Unlimitedを利用したことはありますか。

Amazonが提供している本の読み放題サービスですが、読書が好きな人にはとにかくお得です。

安価な料金設定、対象本のボリューム量、新作本の品揃えなど特典は様々ですが、Kindle Unlimitedを愛用している私がお得な理由を説明します。

Kindle Unlimitedとは

Kindle Unlimited」とは読み放題のサービスなのですが、Amazonの公式文を引用して説明することにします。

Amazon.co.jp (以下、Amazon) は、本日2016年8月3日(水)、Kindle Unlimitedサービスを開始致しました。

本サービスは月額980円(税込)で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

池井戸 潤、葉室 麟、石田衣良、堀江貴文、北条 司、手塚治虫などの人気作家による数多くのベストセラーやコミックをはじめ、週刊エコノミストやwithなど240タイトル以上の雑誌 *の中からお読みいただけます。

対象作品にはKindle Unlimitedロゴが付加されており、会員は「読み放題で読む」をクリックするだけですぐに読み始めることができます。

2016年からすでにサービスが開始されていました。

月額980円の定額サービスで対象の本が読み放題…1ヵ月に本を2冊読むだけで元が取れる破格の価格設定Kindle Unlimitedです。

ここで、一つ疑問が生じるかもしれません。

Kindle端末がないと読み放題できないのか…

Kindle端末はAmazonが提供している電子書籍専用の端末で、辞書機能が備わっていたり、持ち運びは自由など紙の本と比べてメリットもあります。

しかし、Kindle端末を持っていないという人、安心してください。

Kindle端末を保有していない人もKindle無料アプリを取得することで、携帯で電子書籍を読むことができます。

通勤時間にスマホで不自由なく本が読めますのでKindle端末がなくても、Kindle Unlimitedは利用できます。

さらに、破格のKindle Unlimitedは、初回の30日間はなんと無料で利用することができます。

Kindle Unlimited、料金設定が安い

上記の通り、Kindle Unlimitedは月額980円で、本が読み放題…

読み放題ですよ、みなさん!

書店で本を購入すると1,000円以上します。

Kindle Unlimitedは1,000円かかりません。本一冊分にも満たない料金で、読み放題で本を読めるサービスこそがKindle Unlimitedです。

どのような本が読み放題の対象なのか

ただし、読み放題といっても古い本が読み放題の対象ばかりだと、利用する意味はありません。

しかし、Kindle Unlimitedではベストセラーの本から、新しい本まで読み放題な点がおすすめのポイントです。

どのような本が対象になっているかをいくつか紹介します。(※紹介する本は読者の方が読む時点で、読み放題停止になっている場合があります。予めご了承ください。)

人気でいくつものベストセラーを出しているホリエモンの本もKindle Unlimitedに登場しています。

人生の勝算、Showroomでおなじみの前田裕二さんの本だってあります。 本書は発売してからKindleでわざわざお金を払って購入したのですが…無料です。 前田裕二さん激動の半生が描かれています。この本は記事にもしています。

さらに、日本を騒がせた新海誠監督の映画、君の名は。まで読めます。お得すぎる!

最後は 本田直之さん著書のレバレッジ・リーディング。

この本で多読の重要性を学びました。

仕事にレバレッジを効かせるのは読書であり、多読家として本田直之さんは年間300冊以上の本を読んでいます。

本田さんは忙しいので、自分ルールのある工夫をして本を読み進め、1日1冊以上の本を読むことで膨大な情報をインプットしています。

時間がないから本を読めないのではない、本を読まないから時間がないのだ______

こちらも書評を記事にしています。

いかがでしたか。

人気の本が盛りだくさんのKindle Unlimited、30日間は無料で利用することができます。

読書が好きな人はもちろん、通勤時間や余暇時間にゲームなどせず読書おすすめです。

ABOUT ME
ユタカ
仮想通貨や株式に投資する複業ブロガー。本業以外に収益の柱を作るべく奮闘中。本ブログではお金にまつわる情報を発信していきます。