仮想通貨取引所

2018年、注目されているDEX(分散型取引所)まとめ。Part.1

仮想通貨は自己資産の管理が大切です。

例えば、取引所に仮想通貨を預けている場合。

仮想通貨の取引所保管は、資産が盗まれたりハッキングされるなど取引所リスクに晒されています。

トレードする必要最低限の仮想通貨だけを取引所に置き、残りはウォレット保管が推奨されているのは、そのような取引所リスクに備えるためです。

万が一取引所が被害にあった場合、資産は返ってきません。DEX(分散型取引所)は、そのような取引所リスクの課題を解決すべく、開発されています。

DEX(分散型取引所)とは

f:id:yutaka-business-t:20180123080828j:plain

DEXのEXはEXchange(取引所)なので、第一に仮想通貨取引所をイメージしてください。

DEXとは、Decentralized EXchangeの略です。

Decentralized=非中央集権

EXchange=取引所

中央集権的な仕組みから、非中央集権型へシフトさせる仕組みがDEXです。

私たちが普段利用している国内取引所、coincheck・zaif・bitFlyerは中央集権型の取引所になります。一企業が取引所を運営しています。

中央集権型の企業は、顧客一人一人の秘密鍵はその企業が保持しています。厳密に言うと、顧客の暗号通貨を保有しているのは取引所です。私たち個人は、取引所を信用して資産を預けているのです。

もし、取引所がハッキングの被害を受けたり、または取引所の中の人が、顧客の資産をもち逃げをした場合、私たち顧客はどうすることもできません。(Coincheckでは500億円以上のNEMが盗難されるという恐ろしい事件がありました)

そこで、DEXが開発されており分散型取引所を目指しています。

どうしてDEXが重要かについては、Individua1さんの記事が非常に参考になります。

DEXの重要性を一言でいえば「自身が保有する暗号通貨を、自身が管理する秘密鍵の管理下に置いた状態で、暗号通貨の交換を行えるようになるから」です。

暗号通貨を保有している」とは、「その暗号通貨を移動させるために必要となる秘密鍵を自身で管理している」ことに他なりません。

引用(http://individua1.net/dex-2017/)

DEXの場合、秘密鍵を保有しているのは取引所ではなく私たち自身です。

仮に取引所のハッキングがあった場合でも、中央の管理者がいないので資産は一元管理されておらず、ハッキングで資産を失うリスクは低くなります。

世界一の仮想通貨取引量を記録している取引所のBinanceは、自社のブロックチェーンでDEXを作りたいと興味を示し開発を進めています。

今後は中央集権から非中央集権化の移行で、DEXが普及していくでしょう。

<参考記事>

ABOUT ME
ユタカ
仮想通貨や株式に投資する複業ブロガー。本業以外に収益の柱を作るべく奮闘中。本ブログではお金にまつわる情報を発信していきます。