20代のアナタ。楽にお金稼ぎはIPO投資だ

11月26日(日)ビットコイン100万円チャレンジ、時価総額は30兆円突破

スポンサードリンク

f:id:yutaka-business-t:20171126111221j:plain

 11月26日(日)、ビットコイン、アルトコイン共に上昇中。ビットコインはFiat建て100万円突破なるか?という大台までついにきました。

f:id:yutaka-business-t:20171126075817j:image

 

 

ビットコインが大台の100万円なるか

ビットコインが間もなくBTC/JPYで100万円になりそうです。ちなみに去年、11月26日のBTC/JPYの価格は約82,000円。1年でなんと12倍の高騰

日別のビットコイン価格はInvesting.comで確認できます。

BTC JPY 過去のデータ-Investing.com

 

  • 米のCMEでビットコイン先物取引が年内開始
  • 12月だけでビットコインのHFが4つある 

という目先のニュースだけでもインパクトがあるので、ビットコインの価格は100万円突破しても上昇するか。

お祭りに参加する人はbinance取引所の口座を保有しましょう。ビットコインダイアモンドのHF時にすぐに取り扱いが開始されたのがbinance取引所。12月はbinanceにビットコインを移動させるユーザーが急増するでしょうね。

binanceの登録はこちら→binance取引所

仮想通貨全体の時価総額が30兆円突破

仮想通貨全体の時価総額はブログの記事途中で$281,146,165,147となっており約31兆円(1ドル=111円)とついに30兆円の壁を突破。 

f:id:yutaka-business-t:20171126082827p:plain

日別で見れば、2017年11月20日の仮想通貨全体の時価総額が26兆円(1ドル111円)だったので、1週間で仮想通貨の時価総額は5兆円増加していることになります。

ビットコインだけでなく、アルトコインにも資金が流入し価格が反応しているのを見ると、2017年5月のお祭り相場を思い出す。(その後ビットコインの価格は上昇し続けた) 

インドのビルデスクが仮想通貨取引所を開設 

インドのオンライン決済大手ビルデスクが仮想通貨取引所(コイノミー)を開設。このビルデスク、インドで知らない人はいない決済サービス会社のようです。

コイノミーで取引できるのは現在ビットコインとビットコインキャッシュだけだが、今後一年間で20以上の仮想通貨を取り扱う予定。ビルデスクの顧客ベースを土台に、仮想通貨を普及させるという。 

人口の多いインドが仮想通貨取引を活発に行えばさらに仮想通貨市場は盛り上がる。

 

ボラティリティーが激しく、日々新しいニュースが絶えない仮想通貨市場。情報を追うのに必死な毎日です。