20代のアナタ。楽にお金稼ぎはIPO投資だ

実ビジネスのICOとブロックチェーン技術導入を支援するCOMSA

 

 

Youtube上でCOMSAの動画が公開されました。以下は、動画の文字起こしです。

COMSAとは:動画内容

 

暗号通貨に始まり、世界経済を劇的に変貌させている独自トークンの発行や販売による資金調達、ICOとそれを支えるブロックチェーンテクノロジー。

これまでは、あらゆる規制に準拠した入念な設計の必要性や、暗号通貨の価格変動の激しさから起こる導入の壁などがさらなる普及を難しくしてきました。立ちはだかる問題をまとめて解決し、的確にICOを成しどげブロックチェーン技術を実際のビジネスや経済へ 組み込んでいく総合ソリューションがCOMSAです。

 

3つのソリューションによってあなたのビジネスを1からサポートします。

 

ICOソリューション

ICOソリューションではホワイトペーパーの整備からブロックチェーン導入のプラン設計、国内外へのPR、トークンセールのツール開発までを一括して請け負い、ICOの実施を完全に支援します。

 

トークンソリューション

トークンソリューションでは発行するトークンをZaif取引所で上場させ流動性を作り、決済ツールと共に既存アセットのトークン化と流通を促進。また、プライベートブロックチェーンmijinを用いてトークンを内部勘定で一括管理します。

 

コントラクトソリューション

コントラクトソリューションでは、3つのパブリックブロックチェーンとmijinで構成する複数のプライベートブロックチェーン等を連動させ、その間でトークン残高の整合性を保持。契約取引をブロックチェーン上で実現し、第三者の仲介なしに複数の取引を一括して同時に実行します。

 

プラットフォームの中核となるのが、COMSAコアと、COMSAハブです。COMSAコアは複数のパブリックブロックチェーン同士をつなぎ、その間でトークンをペッグします。

COMSAハブは、複数のパブリックブロックチェーンと企業の内部ネットワークで稼働するプライベートブロックチェーン、mijinとをつなぎその間でトークンをペッグします。

 

発行したトークンはNEMとEthereumとのチェーン間で自由に行き来可能。9台のノードによるゼロタウンダイム決済エンジン、監査用API、2層構造の勘定など限りなく堅牢でトラストレス。監査可能なプラットフォームで実ビジネス経済とトークン経済とを融合します。

 

 実ビジネスのICOとブロックチェーン技術導入を支援するCOMSA。

 

スポンサーリンク

 

▲人気ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

語句説明

 

  • ブロックチェーン…分散型台帳技術。取引記録(トランザクション)をまとめたブロックをみんなで手分けして承認し、一本のチェーンで共有。

 

  • トークン…ブロックチェーン上で発行した独自コイン

 

  • ホワイトペーパー…株式でいう目論見書のような物。プロジェクトの概要、トークンの用途、トークンセールの開始時期などが記載されている。ホワイトペーパーを確認し、ICO参加可否を決める。

 

  • ペッグ…(釘止めし、安定させる)という意味。為替レートを一定に保つこと。

 

  • mijin…管理するネットワーク上で、指定したノードだけが参加することができる「プライベート」なブロックチェーンを構築するためのプラットフォーム。

 

  • ゼロダインダイム…システムや、サービスが停止している時間がないこと。ビットコインは24時間365日送金可能。

 

 

参考

 

・プライベートブロックチェーンとパブリックブロックチェーンの違い

パブリックチェーンとプライベートチェーンの違いとは? – ブロックチェーンビジネス研究会

 

・mijin

mijinについて | mijin