20代のアナタ。楽にお金稼ぎはIPO投資だ

【COMSAのICO参加方法・解説】CMSトークンをゲットしよう。

f:id:yutaka-business-t:20170817000355p:plain

 

テックビューロ社が発表したCOMSA。

COMSA - 実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するICOソリューション

COMSAはテックビューロ社主導の日本発ICOであり、ICO関連の課題を解決するプロジェクト。応援もかねて今回のICOは必ず参加します。

 

COMSAを発表したテックビューロ社は、2014年に日本で朝山貴生社長によって設立された国際的なCrypto-Fintechラボ。

マネーパートナーズグループ、インフォテリア、OKWave、広島キャピタル、フィスコ、カイカなど日本の上場企業からも出資を受けている会社であり、国内の仮想通貨取引所、Zaifを運営している企業です。

 

そのテックビューロが実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するICOソリューション"COMSA"を発表し、破竹の勢いでICOの会員数は増加しています。

 

COMSAとは

 

COMSAとは企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライべートブロックチェーンによるによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートするもの。  

 

現社会ではブロックチェーン技術に興味のある企業でも、導入には問題が山積みです。あらゆる問題点を解決し、実ビジネスに繫げるためにソリューションを提供するのが今回のCOMSAプロジェクトです。

  

未来のDapps(非中央集権化されたアプリケーション)だけではなく、COMSAは主に現実社会における既存ビジネスを中心にそのICOサポートを手がける。

 

Dappsとは、非中央集権・分散型のアプリケーション(Decentralized Application)の略です。つまり、ビットコインのような管理者がいないものだけでなく、現実社会のビジネスでもICO関連で問題を解決します。

 

ICOについて

ICOとは(Initial Coin Offering)と呼ばれる仮想通貨による資金調達方法です。

IPO(新規株式公開)となぞらえてICOという呼び方が定着されています。

2017年はICOブームとなり、企業やプロジェクトチームがICOで資金調達するのが目立っています。ICOのメリットは、資金調達の領域が日本に限らず、世界中から資金を調達することが可能になることです。

ICOする企業が独自通貨・トークンを発行して資金調達を行い、独自通貨やトークンを仮想通貨取引所で売却。世界中の一般投資家から資金調達が可能になります。

2017年6月、過去12ヵ月でブロックチェーン関連企業のICOによって調達した資金総額はベンチャーキャピタルからの資金調達を上回っています。ICOブームとも言えます。

 

ただし、ICOは誰でもお金を出資できる反面、東証のように上場条件などが整っていないため、詐欺的なコインもあるので見極めが必要です。ICOで資金を集めプロジェクトを実行しないコインも多数存在するので気をつけなればなりません。

 

COMSAが今後、実施するICO案件はテックビューロとICO協議会により審査されるので安心です。 

テックビューロ社の朝山社長はNewspicksのコメント欄で、

「ICOばかりに目がいきますが、ホワイトペーパーとそこにある我々のビジョンを是非ご覧下さい。本ソリューションを支えるのは裏にある技術です。」と自信を覗かせています。

 

スポンサーリンク

 

▲人気ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

COMSAトークン

 

今回のICOに参加することで、COMSAトークン(CMSトークン)を入手します。

 

COMSAトークンボーナス

2017年10月2日14:00(JST)に開始され、2017年11月6日14:00(JST)に終了。

 

CMSトークンを入手するメリットは、今後のICOで5%ボーナスが付与されます。5%ボーナスがCMSトークンの需要を支えます。

 

  1. トークンセールの参加者は、1USD相当の購入に対して、1 COMSA(シンボル:CMS)トークンを取得
  2. 総発行量全体の55%がトークンセールの貢献者に配布されることとなる。

 

f:id:yutaka-business-t:20170904064815p:plain

 

 

 

10万ドル相当以上の暗号通貨を以てCMSのトークンセールを希望する人は個別に20%ボーナス付きのプレセールに参加することができるとのこと。BTC、ETH、XEMで支払い可。

 

COMSAトークンの使い道

COMSAのICOで手に入れることができるCOMSAトークン。COMSAトークンセールの参加者は1USD相当の購入に対し1COMSAトークン(1CMS)を取得できるのは上記の通り。

 

CMSトークンを使うことで、COMSAのプラットフォーム上でICOする企業に投資することができます。

COMSAはICO支援のサービスも備わっていて、ホワイトペーパーでは2018年度の終わりまでに20以上のICO案件で合計1億ドル以上の調達を実施すると記述されています。

 

さらに、既にICOする企業も決定しています。 

1. 株式会社プレミアムウォーターホールディングス(東証二部:2588)

2. 株式会社CAMPFIRE - 日本最大のクラウドファンディングサービス

 

現段階(2017年9月)では、COMSAのICOで手に入れたCMSトークンで2社のICOに投資が可能です。既にICOを交渉している企業も潜んでいるかもしれません。

 

ICO協議会のメンバー

今回、ICO協議会のメンバーとして誘致され、集まったメンバーは実績のある面々です。 

・Lon Wong氏

NEM.io財団の代表理事。ドラゴンフライフィンテック(シンガポール)CEO。

・佐藤航陽氏

株式会社メタップス代表取締役社長。 (マザーズ:6172)

・伊藤昌彦氏

三菱UFJ信託銀行株式会社 経営企画部副部長 FinTech推進室長

 

その他も仮想通貨市場、上場企業で活躍しているメンバーで構成されているので、非常に信頼できる楽しみなプロジェクトです。

 

コロプラの元副社長・千葉功太郎氏も投資

9月4日、日経新聞のニュースとなりました。

 

大口投資家向けの1号投資家として、100万米ドル相当の投資を実施したとのこと。1億円相当のビットコインとなるとスケールが違いますが…千葉氏がCOMSAの可能性をコメントしています。

 

今後COMSAトークンやCOMSAでICOしていくトークンが取引される取引所である「ZAIF」のZaifトークンにも投資しています。

スタートアップや企業、場合によっては地方自治体に至るまで、今後の資金調達やプロジェクトコミュニティ作りにICOやトークンの機能は、より幅広く活用されていくことが見込まれます。

その中でもシステムソリューションだけでなく、ICOを見極める協議会の設置、トークン設計開発やグローバル多言語での投資家コミュニティ運営、取引所までを一気通貫して提供しているCOMSAとZAIFは、まるでシステム開発ソリューションと証券会社と東京証券取引所が合体したような未来型のプラットフォームであり、その中でも今回のCOMSAトークンは少なくとも国内においてはICOの基軸通貨となる可能性も感じています。

引用(Newspicksコメント)

 

千葉氏は、COMSAトークンが国内においてICOの基軸通貨となる可能性があるということを指摘しています。

投資額はどうあれ私達一般投資家もICOに参加できるので、今後どうなるか楽しみですね。

 

COMSAの参加の手順

 

f:id:yutaka-business-t:20170904065610p:plain

 

2017年10月2日トークンセール開始です。参加はBitcoin、Ethereum、NEM、さらにZaifトークンで参加可能になりました。

 

日本語のホワイトペーパーがあるので参加も比較的簡単ですので、ICOに参加したことがない人は小額でも一度参加してみてはいかがでしょうか。一緒に暗号通貨を盛り上げましょう。

既に登録者数は10万人を超えています。 

 

→COMSAに登録する