20代のアナタ。楽にお金稼ぎはIPO投資だ

【成功の要因は圧倒的努力】SHOWROOM前田裕二さん・人生の勝算書評

f:id:yutaka-business-t:20170714151804j:plain

 

人生の勝算という本を読みました。著者は前田裕二さん。

 

私は前田裕二さんという方も、SHOWROOMというライブ動画配信プラットフォームも全く知りませんでしたが、人生の勝算読了後は彼のファンとなりSHOWROOMを応援したくなるほどの素晴らしい一冊でした。

 

本のレビューで、「ここ最近読んだ本の中で一番良かった。内容がとてもよかったので、あまり売れて欲しくない」などの意見がありましたが、私も同意見です。

珍しく、購入してその日にすぐに読み切りました

 


大手ベンチャーとして有名なDeNAの創業者、南場さんが5年もの歳月を費やして口説き落とした男…きっと非凡な才能をお持ちの方に違いない。

 

大変失礼な言い方をすれば、見た目は少し遊んでいそうな、おちゃらけな印象。

 

ですがイメージとは正反対で、真っすぐで一貫したビジョン(本書ではコンパス)と、前田裕二さんの仕事人としての根性は凄まじいものがありました。 

 

 

前田裕二さんが本書で伝えたい3つ

  1. 絆の大切さ
  2. 努力の大切さ
  3. 人生という壮大な航海において「コンパス」を持つことの大切さ

 

こういう人にオススメ

  • 現在、不幸や苦境に直面している
  • ビジネスで圧倒的な成果を上げて成功したい
  • 人生を大きく変えたい
  • 思考力を身に付けたい

 

本書の内容

本書は、前田裕二さんの幼少期から現在までの生き方。SHOWROOMはどういった狙いで事業展開しているか、創業に至るまでの苦難や立ち上げまでのストーリーが事細かに書かれています。

 

単なるビジネス本は書きたくなかったと前田裕二さん。

文字通りビジネス以外にも人生を送る上で大切なことが散りばめられていました。

 

ですが、僕の願いは必ずしも、"ビジネス"のヒントを皆さんに与えることだけではありません。

それ以上に、縁あってこの本を開いてくれたり、こうして僕に間接的にでも出会ってくださった皆さんの"人生"そのものを変えることが真の願いです。

なぜなら、年間10万冊弱も新刊が出る中で、たまたま僕の本を手に取ってくださった方とのご縁を本当に大切に思うし、少しでも人生そのものに幸せをもたらせたらと考えるからです。

 

ここでは、前田さんが伝えたい3つのことについて感想を少しばかり述べます。

 

1.絆の大切さ

 

本書を読めば前田さんが人生において、どれほど絆を大切にしているかすぐに理解出来ます。

絆の大切さを重要視したのは、外資系投資銀行で超優秀な上司が言ったコトバがずっと心に残っているそうです。

 

「勉強なんかいらないよ。とにかく人に好かれること。秘書でも、掃除のオバちゃんでも、受付の人でも、好かれなくちゃダメだ」

 

好意の返報性というコトバもありますが、まずは自分から人を好きになることでビジネスも人間関係もうまくいくと感じました。

"相手から好かれる前に、自分が相手を好きになる"

相手の自分に対する好き嫌いなんてコントロールできないので、コチラから好きをギブする。

 

人との絆、人間関係の大切さを前田裕二さんの経験談を通じて学べます。

 

2.努力の大切さ

二つ目に努力の大切さ。やはり成功者は人一倍努力しています。

この本を手に取る前の前田裕二さんのイメージは、ずば抜けた才能を持った優秀な人。

それゆえ、外資投資銀行に就職し、2年目にはニューヨークに渡り、DeNAにヘッドハンティングされた若手起業家。

 

しかし、この本を読んで前田裕二さんのイメージは180度変わります。

"圧倒的な努力をし続ける才能"を持つ努力の人間であること。

 

凡人の努力とはレベルが違い、圧倒的努力をしかも持続的に続けています。

 

僕は入社以来、早朝出社を続けました。僕が会社に着くのは朝の4時半〜5時頃でした。

 

今の時代、世の中良しとされているのはノー残業、長時間労働の廃止。しかし、前田裕二さんは、自分自身を質ではなく量で他を凌駕するしかないと自己分析し、がむしゃらに働き続けていたそうです。

 

努力は少なからず誰もがやっているとは思います。

しかし、前田裕二さんは努力の量が違いました。起業家は馬力が桁違いのようです。

 

前田裕二さんの努力の根源となるモチベーションはどこから生まれてくるのか。

人とは違った人生を送ってきた異才の思考も勉強になります。

 

3.人生というコンパスを持つ

 

最後に人生観。 

自分がこれから生きる人生をどう送りたいのか。決めておいたほうがいいというアドバイス。

アナタの人生の軸を仕事第一も良し、家族第一良し、人生のコンパスを持たないという人生を送るんだと決めるのも良し。

 

前田裕二さんは人生経験を通じて、世の中の自分と同じような境遇の人々の力になれるよう動画配信サービスを始めました。

 

人生のコンパスという大きな志に向かう為に、自分と向き合い自分の心と対話する必要がある。

 

前田裕二さんが考える人生のコンパスの重要性が書かれています。

 

まとめ

 

前田裕二さんというすてきな人柄、 そして仕事に一途に向き合う姿は人として尊敬でき、ビジネスにおける学びも沢山ありました。

 

一見、外資投資銀行に就職、後にDeNAに入社し後に起業と華やかな経歴の裏には、小さい時に親を失うなど大変な困難とも直面しています。そのような辛い出来事なども合い絡まって、前田裕二さんという優秀な起業家が生まれたのだと感じました。

  

困難をバネに自らの目標を具現化している前田裕二さん、一言で最高です。オススメの一冊。