20代のアナタ。楽にお金稼ぎはIPO投資だ

3000円投資生活三井住友TAM世界経済インデックスファンド考察

スポンサードリンク

f:id:yutaka-business-t:20170408205627j:plain

 

この記事では

という人に向けた記事となってます。

 

 

私も3000円投資生活を読んで積立を開始しました。

お金に働いてもらう方法はいくつかありますが、3000円投資生活を読んで投資信託を開始。投資信託の積立を始めたことで毎月お金が貯まって増減し積み立てされていくので、お金を引き出す気にもなりません。

 

私は、本の中でオススメされていた三井住友TAM世界経済インデックスファンドで積立することにしました。

  

この記事では、お金のプロである山崎元さんの投資信託を購入する5つのポイントから判断しました。

 

5つのポイントから判断すれば買いと判断しております。

投資にはリスクがありますので、この記事を読んで必ずご自身でもう一度お考えください。

 

投資信託を買うときの5つのポイント(山崎元さん)

  • 運用管理費用(信託報酬)の安いものを選ぶ
  • 販売手数料の安いチャネル(ネット証券)で買う
  • 毎月分配型を選ばない
  • ファンドの資産規模、流動性を確認する
  • 過去の成績で選ばない

 

 

三井住友TAM世界経済インデックスファンドとは

運用方針は国内、先進国、新興国の公社債および株式への分散投資を行っています。各々の動きを表す代表的な指数(インデックス)を地域別のGDP総額の比率を参考に投資比率を決定。

 

https://i.gyazo.com/c6c7ca5de1447ddfe59145e99a94c873.png

 

ファンドの特色

https://i.gyazo.com/66258ccc62ad335696d410a3972b445f.png

  

1 国内債券 NOMURA-BPI総合

2 先進国債券 シティ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)

3 新興国債券 JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス-エマージング・マーケッツ・グローバル・ ディバーシファイド(円換算ベース)

4 国内株式 TOPIX(東証株価指数)

5 先進国株式 MSCIコクサイ・インデックス(円ベース)

6 新興国株式 MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)

基本の組み入れ比率は株式:債券は50:50。中身は多岐に渡り複雑ではありますが、先進国から新興国までリスク分散されています。 

委託会社は三井住友トラスト・アセットマネジメント

 

ポイント1 運用管理費用(信託報酬)は低い

運用管理費用は維持費です。

三井住友TAM世界経済インデックスファンドの運用管理費用(信託報酬)は純資産総額に対して年率0.54%と比較的手数料は低いのでポイント1は問題ない。

運用管理費用とは定期的に払う維持費のこと。信託報酬とも言う。日割りで手数料がかかってくるので、手数料が低い投資信託を選んだ方がいい。

 

例)100万円を投資。信託報酬1%→年間1万円が運用コスト

  100万円を投資。信託報酬0.5%→年間5000円が運用コスト

 

ポイント2 ネット証券で購入すること

私は本書でもオススメされていたSBI証券を使用して毎月積立しています。

買い付け時にかかる購入手数料は無料

SBI証券は最大手のネット証券なので安心です。

 

スポンサーリンク

 

▲人気ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

ポイント3 毎月分配型ではない

毎月分配型ではありませんので、ポイント2もクリア。

複利効果が期待出来ないので、毎月分配型を選ぶべきではないです。

複利については3000円投資の記事で説明しています。 

 

ポイント4 ファンドの資産規模は約241億円(2017年4月現在)

ファンドが設定したて、あるいは、資産残高が減って、数億円、十数億円、といった少額で運用されている場合、十分な分散投資が出来ず運用内容が安定しないし、ファンドが償還されてしまう可能性があるので、様子を見る方がいい。

引用(第217回 投資信託の「正しい選び方」 | 山崎元「ホンネの投資教室」 | 楽天証券)

運用資産のカテゴリーにもよるが、大まかには、資産が100億円以上あれば大丈夫とのことなので、資産規模もクリア。

ポイント5 過去の成績で選ばない

過去の成績で選ばないが最後のポイント。個人的にマイナスリターンの投資信託を見ると、あまり投資する気にはなりません。

山崎元さんがポイントにする理由は、プロでも未来は不確実で読めないからです。だからこそ、ポイント1が重要になります。

運用管理費用の安い投資信託でなるべくコストを抑え、長い目で時間を使って運用しようと提言しています。

 

まとめ

  • 5つのポイントから買いと判断できる
  • 分散投資でリスクは低減されている
  • 積立なら500円以上から可能
  • 信託報酬は低いので維持費もそこまでかからない

この投資信託は、大まかに世界経済全体に分散投資されているので、世界経済の発展がリターンとして返ってきます。小額でも、世界に投資していると言えます。

 

私自身は銀行預金と別に毎月積立で貯まっていく喜びと、複利の力でどれほど運用リターンを出せるか楽しみです。

 

適宜このブログにて報告します。