20代のアナタ。楽にお金稼ぎはIPO投資だ

新入社員の1年目に意識した4つのこと

 

f:id:yutaka-business-t:20170403193821j:plain

 

春から社会人になる皆様、ご入社おめでとうございます。 

入社式を終えて、新しいステージへと進むと同時に、学生から社会人になった実感はないかと思います。

 

私自身も1年目の新入社員という”何でも聞いて許されていたプレミア期間”を抜け出し、新入社員を指導する立場である2年目へ突入します。

 

初々しかった1年目を振り返り、時間経過の早さはさておき、

いくつか意識して行動してきたので、一応1個上のつい最近まで新入社員だった先輩としてブログに綴ろうと思います。

私の身分で大変おこがましいのですが、1年目は漠然と不安もあると思うので参考程度にどうぞ。

  

社内価値ではなく市場価値を高める

私はこの1年間、この言葉を念頭に置いて行動しました。

社内ではなく、社外に目を向けること。

佐山展生さん( @nsayama )の言葉です。

社会人になると毎日仕事に追われます。外の情報に触れる機会が減り、考え方も固定化されていく。

染まっていない純白な新入社員は、結果的に入社した会社のカラーにどんどんと染まります。

しかし、会社の色に染まることが悪ではなくて

「会社で決まっているから」「上司が言っているから」という理由で行動する、自分で考えない人間がなのです。

 

自分の頭で考えず、言われたことをただ闇雲にやっているのはかなり危険だと感じます。

 

私は常に会社の常識を疑い、自分の頭で考えることを意識しました。

 

この意識を持って行動しようと心がければ、自ずと市場価値を高めていけると考えています。

昨今、定年まで同じ会社で働く理由もありませんし大企業に就職で安泰という時代ではない。Youtuber、個人ブロガーなど個の価値は益々上昇しています。

 

自分の頭で考え抜く力があれば、どこに行っても通用するはずです。

 

スポンサーリンク

 

目標を設定する 

なぜ目標設定が大事かというと、時間を無駄にしないためです。

 

これは全社会人が痛感していると思いますが、入社した1年目は、学生から社会人になる環境の変化から、今まで生きてきた人生の中で最速で時間が過ぎ去っていきます

「私もつい最近まで学生だったのに…」と嘆く日がすぐにやってくるのです。 

 

時間には限りがあります。目標設定をすることで、自分の理想の人生を明確にし、やるべきことを可視化できるメリットがあります。

目標設定後、何を、いつまでに、どうやってという風に、5W1Hで具体化することで不必要なことを排除できます。

嫌々の飲み会は断る

社会人はお酒が大好きです。これでもかと言うほどお酒を飲みます。大半の人は飲み会で社会人生活を乗り切っています。

学生と違って仕事は、結果が求められます。ストレスも多々感じます。

嫌なことがあれば、その気分の憂さ晴らしは飲み会で解消されるのです。ゲラゲラみんなで笑って嫌なことは寝て忘れるのが社会人の常です。

 

時々ある飲み会はまだしも、嫌々の付き合い飲み会は断固拒否しましょう。

 社会人は新しい出来事が学生の頃と比べて少なく、話題はいつも同じです。

 社内の噂愚痴の2択

「○○さんが…」と永遠同じことを繰り返す、なんとも面白くない飲み会です。

 

先ほどの話にも通じますが社外に目を向けて、嫌なものは嫌だと、きっぱりと断れる人になりましょう。

「こいつは付き合いが悪い」と例え言われても、社外に出れば何の問題もありません。

 

 

社会人を悲観するのではなく楽観視する

仕事は対価を得ているのでつまらないです。

自分に使える時間も減少します。

そんな社会人を悲観したサラリーマン人生を歩むのはやめて、

 

楽しさを見出し、時間を作る努力をする

 

自分の気持ちや発想の転換次第で、見えてくる景色は違います。 

 

1年目は他人の金で焼肉を思う存分食べられるかもしれませんね。私は逆の立場になりましたが…