20代のアナタ。楽にお金稼ぎはIPO投資だ

(祝)プレミアムフライデー2回目。帰れる企業果たしてあるの?

 

 

今日は月末の金曜日。ということは、皆さんお待ちかねのプレミアムフライデーだ!

今日という日を楽しみに山積みの仕事を的確かつスピーディーに終わらせた。

 

3月は決算、業務の引き継ぎ、送別会など大変忙しい月。サラリーマンにとっては地獄のような一ヵ月となる

だがしかし、私達サラリーマンにも日頃の疲れを癒す嬉しい制度がある。今回ばかりは楽勝で3月を乗り切った。なぜなら、PFがあるからだ。

 

プレミアムフライデーのためにこの一ヵ月を乗り切ったといっても過言ではない。

 

プレミアムフライデー

f:id:yutaka-business-t:20170331102930j:plain

 

毎月月末の金曜日の終業時間を午後3時に早めるよう企業に呼びかけるプレミアムフライデー。消費の拡大働き方を改革する2つの狙いがある。

 

プレミアムフライデーは政府が経団連などと連携して検討してきたもので、月末の金曜日に早めに仕事を切り上げ、夕方から買い物や飲食、旅行などを楽しんでもらうという消費喚起策

 

勤勉に働く日本人に対して、

小休止を設けちょっと息抜きしましょう、けれどもお金は使ってね、といった政府の案です。

 

国が「皆さん休みましょう」と言ってくれているので、こんなにも有り難い話はない。

よし、それでは皆さま、3時に切り上げてお食事会に行きましょう。

今日は特別な一日になりそうなので、思い切ってオシャレランチ予約しました。

 

f:id:yutaka-business-t:20170331105112j:plain

 

って、現実は違いますよね

そもそも会社でそのような話題、聞いたことはない…

 

大手企業ではソフトバンク、大和ハウスなどがプレミアムフライデーを実施し、2.5日間の休みを満喫しているのでしょう。

 

実際に日本の企業は、大企業が占める割合なんて微々たるものです。

中小企業にとっては無縁で何ら変わりのない一日を過ごすのです。

 

 

 

 迷わずボタン中央を押しました。

 今日で3月も終わりです。追い込みの日々も一区切り。

 サラリーマンの皆様、1年間お疲れ様でした。帰り道は3時に帰宅し優雅なお食事会ではなく、

 

日も暮れ、オフィスには取り残された1人。重たい腰をあげて、「一年間頑張った」とポツリとつぶやき、缶ビールを片手に乾杯しましょう。

 

読者の皆様。15時で帰れますか。

 

 

アンケートはこちらから