20代のアナタ。楽にお金稼ぎはIPO投資だ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【入社前の新社会人に贈る三冊】新しい出会いの前に素養を身につける。

 

 

新社会人、転職など新たなスタートを切る方々へ。

就職活動お疲れ様でした。入社を控え、卒業旅行、企業の入社前課題、あるいは転勤や引越しなど忙しい日々をお過ごしでしょうか。

新しい環境でうまくやっていけるのか、どんな人々と出会いがあるのか。

新たな一歩を踏み出そうとしている方々は、入社前不安希望が入り乱れているかと思います。

 

その中で、入社前の学生の特権である時間をどう活用すべきかと悩んでいませんか。

私も去年、同じように悩んでいました。

大学は4年生になる前に卒業に必要な単位をぼぼ取り終えます。学校には行かない。アルバイトは、4月から嫌でも働くので、今はゆっくりしたいと。そうなると、時間が余る

自分では解決できず人生の先輩方からアドバイスを聞くと、

「社会人は時間がないから、思う存分、後悔ないよう遊ぶんだ!考える暇があるなら遊べ!」と社会人の先輩、大人の9割は口を揃えて言います。

 

でも、大学4年間を通じて思う存分遊びましたよね?

遊び呆けて飽きていませんか。あるいは遊びたい反面、社会人の準備をしたいという気持ちが生まれていませんか。

 

そんな大人が言うクソアドバイスは聞き流して、

(社会人になっても遊べる。気合いと根性で一日くらい寝ずに仕事すればいい話。また、学生に比べ経済的余裕があるので遊び方も変わるし楽しい)

 

遊ぶことを否定はしていません。遊びたい人は思う存分後悔ないよう遊んで、

少しでも社会人に対して不安がある方は、入社前に社会人の準備として読んでおきたい本を三冊贈ります。

この三冊を読んで、新たな気持ちでこれからの社会人生活を謳歌してください。この三冊を選んだ理由もあり、三冊とも共通点があります。

意識すれば、すぐに使えて役立つこと。

 

これから嫌でも会社に一定時間を拘束されてしまいます。学生時代、ぼーっとしている時間は社会人になって振り返ると、後悔しかないのです。

 

入社までの貴重な時間、新たなスタートを切るまでほんの少しの時間を使って、ぜひ周囲よりも抜きん出た人材に。

 

スポンサーリンク

 

1.入社1年目の教科書

 

一冊目は岩瀬大輔さんの著書、入社1年目の教科書

岩瀬さんは東大卒業後、企業を転々とし、ハーバード経営大学院に留学して同校を日本人4人目となる上位5%の成績で卒業するほどの頭脳を持った華やかしい経歴の持ち主。

そんな岩瀬さんの経験を基に、周囲よりも爆速で成長したければこうすればよい、という数々の原理原則が散りばめられています。

社会人の一年目を振り返り学生の頃と比べれば、一年はあっという間に過ぎ去ります。

入社前の時間こそ、周りと差を開くチャンスと捉えてください。

  1. 原理原則を意識せずにダラダラと過ごす1年
  2. 原理原則を頭に叩き込んで能動的に動く1年

意識して1年間行動し立派なビジネスパーソンになりたい方へ。

私もこの記事を書くついでに読み返しましたが、腑に落ちる内容ばかりです。初心に返って頑張ろうと奮い立たせてくれる一冊です。

 

 

 

2.伝え方が9割

 

史上初、3年連続ビジネス書年間ベスト10入りの人気本です。読んだ方も既にいるかと思います。

コピーライターの著者、佐々木さんは幼少のころからコミュニケーションが得意ではありませんでした。

たまたま配属されたコピーライターで周囲に怒られながらも、試行錯誤を繰り返した著者は伝え方にもレシピがあると発見します。

その後、著者の人生は大きく変化し様々なコピーライターの賞を獲得。その後、大学や各種講演にまで声を掛けてもらうほど人生が180度変わってしまいました。

仕事は交渉必須。例えば自分が大量に仕事を抱え誰かに仕事をお願いする場合。

例) 真横に部下のAさんがいます。その時、「これ手伝って」と伝えるのか、あるいは「Aさんにしかできないから手伝ってほしい!」と伝えるかで印象が大きく変わります。

あくまで例えですが、仕事では交渉の場面が数々あります。

コトバのレシピを身に付け、一年目から意識してコトバを放ちキャリアを重ねれば、自ずと周囲と差が開く。

この本では伝え方の技術として、すぐに使えるキラーワードが事細かに書かれてあります。未来の営業マンは必読

3.はじめての人のための3000円投資生活

最後は投資ブログなので、投資本で締めくくりたいと思います。適当に選んだ訳ではありません。行動すれば、すぐに使えて今後生活の役に立ちます

私の過去記事でも書きましたが、検索されて沢山の人に興味を持っていただき購入されています

 

学生時代お金について学ぶ機会は少なかったでしょう。 銀行に給与を全て預けるつもりであれば、立ち止まってこの本に目を通してください。

 

銀行預金でも金利が低い時代、銀行預金以外の選択肢を知っておくことでチャンスが広がります。

 

投資は時間軸が長ければ長いほど優位ですから、若さは武器になります。何度も言いますが投資初心者に対して書かれているので新社会人でも理解し易く、本を読んで即実行できるものばかり。

 

やるか、やらないかは読者の感じ方ですが、投資を知ろうとせずに日々過ごすのはもったいない。この本を読めばチャレンジしたいと思える一冊です。

スポンサーリンク

 

まとめ

 

f:id:yutaka-business-t:20170325074545j:plain

 

いかがでしたか。 本を読み終えたことで満足せず、行動に移すことを意識したいです。本を読んだ後はヤル気に満ちあふれていますが、生活に余裕が無くなり時間が経過すると、忘れてしまうのが人間の性です。

f:id:yutaka-business-t:20170325221708p:plain

エビングハウスの忘却曲線はご存知でしょうか。この実験では、「子音・母音・子音」から成り立つ無意味な音節を記憶し、人はどれくらいのスピートで忘れるのかを実験したものです。

実験の結果、20分経過後には42%忘れ、1時間後には56%、1日後には64%、1週間後には67%、1ヵ月後にはなんと79%は忘れ去られています。

人間は忘れやすいと実証されています。忘れないためには、反復を繰り返す。一度読んで終わらず、何日か経過してもう一度読み返すことで記憶に定着します。

即実践可能な三冊の原理原則を頭に叩き込んで反復を繰り返し、スマートなビジネスパーソンになりましょう。

 

最後に改めて、ご入社おめでとうございます!素晴らしい社会人生活を送ってください。人生を楽しみましょう。