20代のアナタ。楽にお金稼ぎはIPO投資だ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【IPO株銘柄】LIXILビバ(3564)考察&どんな会社なのか?

 

 

今回のIPOはLIXILビバです。2017年3月7日に上場承認されました!

上場予定日は4月12日(水)です。

 

https://i.gyazo.com/37e5c2e9dd76aa7314117a9baab5c77f.png

 

 

基本情報

 

銘柄 LIXILビバ
市場 東証一部または二部(未定)
上場日 2017年4月12日
公募株数 4,720,000株
売出株数(OA含む) 17,190,000株
BB期間 2017年3月28日〜3月31日

OAを含め、17,528,000株(海外売り出しを差し引き)なので最大当選枚数は175280です。市場からの吸収金額は最大で約464.4億円となっており、想定価格ベースで時価総額は約948億円となります。

東証市場では大型銘柄となります。BB申し込み期間は2017年3月28日〜3月31日です。 

(新規上場の資金はホームセンター事業等の成長戦略の加速及び既存店の競争力強化を目的に設備投資資金として充当)

 

 

 

取扱証券会社(随時更新)

 

各証券会社 割当株(数) 割合
野村證券    
SMBC日興証券    
三菱UFJモルガン・スタンレー証券    
みずほ証券    
大和証券    
SBI証券    
エース証券    
     
     
     

 

取り扱い証券会社数7社となりました。

主幹事は野村證券となっております。

IPOで証券口座をお持ちでない方は抽選すら参加できませんので、お早めに口座開設しましょう。

私はSMBC日興証券、みずほ証券、SBI証券から当選を狙います。

スポンサーリンク

 

 

 

株主構成

 

名称 所有株式数(数) 割合(%)
株式会社LIXILグループ

40,000,000

100%
 

 

 
     
     
     
     
     
 

 

 
 

 

 
     

 

ロックアップは180日間かかっております。

どういった会社?

ホームセンター事業、デベロッパー事業の2つが柱となる。

「日本の生活文化に合った真のホームセンター業態を創る」を方針に掲げ、「住」に関するすべてを取り扱うという目的がある。

消費者に臨まれる新しいホームセンターにおいてはインテリアを始め、ペット、園芸用品等のホームセンター商材、家電製品、日用品及びカー用品等の一般商材だけではなく、建築業界のプロフェッショナルのニーズに対応した商品ラインナップを備えることが必要と考えている。

 

ホームセンター事業においては、売場面積10,000m²超を目安とし資材館、生活館、ビバペッツ、ガーデンセンターで構成された大型店「SVH(スーパービバホーム)」。

SVHの品揃えとサービスを凝縮した都市型中規模店 「NVH(ニュービバホーム)」の展開。地域密着型の住まいと暮らしの便利なお店としての「VH(ビバホーム)」の運営を行っている。

また、これらの業態はショッピングモール「ビバモール」の核店舗とし、デベロッパー事業においては、不動産賃貸及び付帯するサービス事業を行っている。

 

事業リスク
  • 景気及び消費者の動向並びに事業計画リスク
  • 競合による店舗収益の影響
  • 店舗閉鎖損失など

 

 

経営指標

 

https://i.gyazo.com/d9871840972b8a34174a8e4d43ee2d42.png



売上高・経常利益と共に少し減少した年はあるが、直近は右肩上がりに回復しています。 

ユタカの見解

テーマ的に目新しさを感じられず、大型IPOということもあって初値上昇は厳しい展開になると予想しています。

 

私の当選結果はこちらからどうぞ↓