20代のアナタ。楽にお金稼ぎはIPO投資だ

審査に落ちたことがないのにFUNDINNO(ファンディーノ)で落ちた。評判と考察

スポンサードリンク

 

f:id:yutaka-business-t:20170227214921j:plain

 

タイトル通りなんですけど、審査で落ちました。日本初の株式投資型クラウドファンディングなだけあってホントにがっかり!

 

この記事は、今まで数々の口座を開設し開設出来なかった口座はない百戦錬磨のユタカが、初めて挫折を味わった妬み記事。(笑)

https://i.gyazo.com/cf906e68ee078a3f0551c33e59f0159b.png

残念すぎるけれども、仕方がない…

上場前の企業に投資ができる初のサービスなのに。

 

 

FUNDINNOとは 

 

そもそも、FUNDINNOって聞いたことがない方がほとんど?

FUNDINNOとは日本初となる株式型クラウドファンディングなんです。

 

クラウドファンディング

 

株式型クラウドファンディングの前に、クラウドファンディングについて理解する必要があります。

最近話題になった例を挙げると、キングコング西野さんの事例。

クラウドファンディングで芸人のキングコング西野さんが個展を無料で開催するため、46,373,152円もの資金を集めることに成功し話題に。

インターネットを介して個人の力で4000万もの資金を調達できる時代になりました。

 

クラウドファンディングとは群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語。

要はインターネットを通じて不特定多数から支援を募るものです。

 

このクラウドファンディングは大きく5つのカテゴリーに分類することができます。

  • 寄付型
  • 株式型
  • 購入型
  • ファンド型
  • 貸付型

 

FUNDINNOは株式型カテゴリーのクラウドファンディングで日本初!ですから超画期的なサービスなんですねぇ。運営は株式会社日本クラウドキャピタルという企業です。

株式型クラウドファンディング業務に必要な第一種小額募集取扱業者として承認を受けました。

現在、日本の第一種小額募集取扱業者は一社しかありませんので比較できませんが、関東財務局から認可されている企業です。

FUNDINNOでは未公開株に個人投資家が投資可能となりました。今まで一般の個人投資家は上場した企業の株式のみ売買可能でしたが、FUNDINNOは上場前の株式を取得出来るのです。一般ピープルからエンジェル投資家の誕生です。

 

第一種小額募集取扱業者とは

 非上場株式の募集又は私募の取扱いにより、インターネットを通じて、多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みのこと。発行者が資金調達できる額は1年間に1億円未満、投資家が投資できる額は同一の会社につき1年間に50万円以下の少額要件が設けられている。また、投資勧誘の方法も、インターネットのウェブサイトを閲覧させる方法又は電子メールを送信する方法に限定されている。

引用(日本証券業協会)  

スポンサーリンク

 

FUNDINNOメリット

 

・ベンチャー企業に投資して株主として応援することができる

・エンジェル税制の優遇措置を受けることが可能に

・サイト上での投資家交流が可能

・株主優待やIPOを目指す企業や株主優待企業に投資可能に

・投資した企業のIR情報が定期的に確認できる

 

1.ベンチャー企業に投資可能

日本初の株式投資型はベンチャー企業に投資が可能です。上場前に株を所有しVCのようにIPOで売却することに成功すれば、リターンを手に入れることが可能に!

 

2.エンジェル税制の優遇措置を受けることができる

エンジェル税制対象企業のベンチャーには税制の優遇措置が受けられ、所得税が控除される。

 

3.サイト上での投資家交流が可能

FUNDINNOサイト内で投資家交流が可能となり意見交換の場として使えるみたい。

 

4.株主優待やIPOを目指す企業や株主優待企業に投資可能

ボテンシャルを秘めたベンチャー企業を応援し、株主優待も同様に企業から受けられます。

 

5.投資した企業のIR情報が定期的に確認できる

FUNDINNOが厳選な調査の結果サイト上に企業を掲載するので、IPOを目指す企業や株主優待企業の非上場企業のIR情報が定期的に確認出来ます。

 

FUNDINNOデメリット

 

・購入した株式は自由に売却ができない

・元本が保証されていない

・配当金の支払いが約束されているものではない

 

 1.購入した株式は自由に売却ができない

未公開株はハイリスク・ハイリターンの金融商品でもあります。そもそも上場している訳ではないので社会的信用力もありません。

 

2.元本が保証されていない

あらゆる金融商品が元本は保証されていませんので、株式型クラウドファンディングに限定することではありませんが、保証はされていません。

 

3.配当金の支払いが約束されているものではない

2と同様に配当金は約束されていません。

 

このようにメリット・デメリットもちろんありますが、国内初の取り組みに誰だって惹き付けられます。

FUNDINNOは結局審査が厳しい?

ネット上での評判ではFUNDINNOの審査は厳しいという評価になっており、審査に落ちたというツイート等が散見されます。

 

なぜなら上場企業の株を購入するのではなく、非上場企業の未公開株を購入することは至極当然リスクも高まるからです。

 

FUNDINNOが審査基準を明かすことはまず有り得ないですが、審査では金融商品取引法に則り、不適当な勧誘を行なって投資家の保護に欠けるようなことをしてはならないとされています。

 

つまり、投資家が適合性の原則に適っているかチェックされます。

 

適合性原則とは顧客の知識、経験、財産の状況、金融商品取引契約を締結する目的に照らして、不適当な勧誘を行ってはならないという規制のことです。

 

投資家保護の意識に欠け、現実に投資家に損害を及ぼす可能性もあるからです。

 

4つの要素を翻って考えると、財産状況 or 目的で私は審査に落ちたと考察します。投資家審査の質問では、投資経験は3年と答えましたし、投資目的は余裕資金を運用するにチェックをつけました。

 

収入の箇所はどれを選んでも特に問題はなさそう。

 

となると、金融資産投資目的が引っ掛かったのではないか。今まで投資関連の口座は全て通っていただけに悔やまれます。

 

投資経験があり、余裕資金で運用すること、そしてある程度の金融資産がなければまず審査で落ちるのではないか。

 

投資目的では高い利回りを得るためは避けた方が適切です。

 

まとめ

 

FUNDINNOは今後大注目のクラウドファンディングであり、面白い取り組みになることは間違いありません。

株式型クラウドファンディングは現在一社しかありませんので、今後は他企業が参入し市場規模を拡大していくと予想されます。

ですから、クラウドファンディングの波に乗り遅れないようにしたいものです。

仮に審査を通過したアナタ、おめでとうございます!

エンジェル投資家として活躍できます。

純粋に通った方が羨ましい…まだFUNDINNOで資金調達した企業は掲載されていないようなので、ぜひこれからFUNDINNOを利用する方は感想をお聞かせください。

追記(5月29日):第一号案件が募集され終了しました。

Bank Invoiceという会社が1460万円もの資金を調達することに成功したようです。

 

口座開設は無料なので、ぜひ口座開設を試してみてはいかがでしょう!

最後にもう一度チャンスくれない?

 

既に口座申請した方協力してください 

アンケートはこちらから

 みなさま、審査に通っているではありませんか…