20代のアナタ。楽にお金稼ぎはIPO投資だ

イベント投資、1月の株価が上がりそうなおすすめ株36選

スポンサードリンク

お小遣いがほしいアナタへ届け!

今日は面白い記事を見つけたのでブログ記事にしようと思いました。

 

info.monex.co.jp

 

マネックス証券が公開した記事で、過去10年間に1月の株価上昇が多かった銘柄を公開し、1月の上昇回数は何回か表にまとめられたものです。

1月三が日に私はこの表をみて、もしかして、もしかすると勝機があるのか?!

10年間の蓄積された膨大なデータがそう簡単には裏切らないぞ。

 

(マネックス証券より引用)

 

記事によると、東証1部上場の全銘柄のうち過去10年間のデータが取得できた1626銘柄をピックアップし12月末と1月末の株価を比較したものです。

抽出された銘柄から、さらに10年間で株価上昇数が10回、9回、8回の銘柄をピックアップされています。

 

そこで!!

 

もうすぐ1月も折り返しになるので途中の値と比較し実際にこのデータが如何なものか検証してみましょう。

 

f:id:yutaka-business-t:20170112142152j:plain

赤字を上昇で表記しています。36銘柄で上昇が25銘柄、下落が11銘柄という結果に!

約7割が上昇しています。私はなとりを高値で掴んでしまいましたがこのように常識的な投資手法ではなく季節性で売買タイミングを決定することも有効でありますね。

この黒字の株価は1月終わりにどうなっているのでしょうか。

また2月に配信したいと思います。

 

このように、決まった1ヵ月間などで株を所有することを

イベント投資なんて言われています。

 

イベント投資法ってご存知ですか。

 

スタバ株は1月に買え!: 10万円で始めるイベント投資入門

スタバ株は1月に買え!: 10万円で始めるイベント投資入門

 

 

 

この著者の夕凪さんはイベント投資で資産を築きあげた億り人の一人で、

 

スタバ株をこの時期に買ってこの時期に売れ!

 

というように、ファンダメンタルズ、テクニカル分析関係なく

季節性など常識にとらわれない方法で株価も上下するということを説きました。 

一例を挙げると株主優待の権利確定日は大体、3月末にあるのでその前に仕込み、権利確定日前に売却するなど既存の概念がぶちこわされます。

 

サラリーマンになると、やはり片手間になるのでイベント投資法も考えてみてはいかがでしょうか。 

 

 

最後に、

投資は自己判断でお願いします。